PC版データロボ サイトセブン利用者規約

ダイコク電機株式会社(以下「ダイコク電機」という。)は、PC版データロボサイトセブン利用規約(以下「本規約」という。)を、以下の通り定めます。本規約は、利用者とダイコク電機および情報提供協力ホール(以下「ホール」という。)が提供するパチンコ情報提供サービス(以下「本サービス」という。)の利用に係わる一切のサービスに適用します。

(本サービスの内容)
第1条
1 ダイコク電機は、パチンコに関する次の情報を提供します。
(1)ホールのホームページサービス
(2)ホールの台データ提供サービス
(3)その他

(本規約の範囲および変更)
第2条
1 本規約は、本サービスの利用に関し、ダイコク電機、ホールおよび利用者に適用されるものとします。
2 本サービスの内容に定める各情報の利用に当たり個別規定が定められているものについては、それらに従うものとします。
3 ダイコク電機は、利用者の承諾を得ることなく、ダイコク電機が適当と判断する方法で利用者に事前に通知することにより、本規約および前項に定める個別規定を変更できるものとします。

(利用者)
第3条
1 利用者とは、本サービスを利用する者(個人、法人およびその他の団体、および、法人およびその他の団体に所属する各個人)全てを言います。
2 利用者は本規約を承諾するものとします。

(本サービスの利用
) 第4条
1 利用者は、本規約およびその他ダイコク電機が随時通知する内容に従い、本サービスを利用するものとします。
2 利用者は、本サービスを通じて発信する情報につき一切の責任を負うものとし、ダイコク電機およびホールに何等の迷惑または損害を与えないものとします。
3 本サービスの利用に関連して、利用者が他の利用者もしくは第三者に対して損害を与えた場合、または利用者が他の利用者もしくは第三者と紛争を生じた場合、当該利用者は自己の費用と責任で解決するものとし、ダイコク電機およびホールに何等の迷惑または損害を与えないものとします。

(利用の停止)
第5条
1 利用者が以下の各号のいずれかに該当する場合、ダイコク電機は事前に通知することなく直ちに当該利用者に対し本サービスの利用を停止させることができるものとします。
 (1)入力されている情報を不正に改竄した場合
 (2)本サービスの利用についてその情報料等その他の支払を怠っている場合、又は過去に支払を怠ったことがある場合
 (3)利用者が個人、もしくは法人およびその他の団体の代表者である場合、破産の申立があった場合又は利用者が順禁治産宣告もしくは禁治産宣告を受けた場合
 (4)利用者がその利用者の資産について差押や滞納処分を受けた場合
 (5)利用者が破産、和議、会社更生手続、会社整理もしくは特別清算の申立の事由があった場合
 (6)利用者が手形交換所の取引停止処分、もしくはその者の資産について差押や滞納処分を受けた場合
 (7)第9条(禁止行為)第1項各号に定める行為を行った場合
 (8)その他、本規約に違反した場合
 (9)その他、ダイコク電機が利用者として不適当と判断した場合
2 前項の場合、利用者は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している情報料等ダイコク電機に対する債務の全額をダイコク電機の定める方法で一括して支払うものします。
3 利用者が本条第1項各号のいずれかに該当することでダイコク電機が損害を被った場合、ダイコク電機は当該利用者に対し本サービスの利用を停止させたか否かにかかわらず、被った損害の賠償を請求できるものとします。

(設備等)
第6条
 利用者は、本サービスを利用するために必要な端末機、電話利用契約等の締結、本サービスのコンテンツサーバーへの接続を自己の費用と責任において行うものとします。

(コンテンツサーバーの設置場所)
第7条
 本サービスのコンテンツサーバーの設置場所は、ダイコク電機が別途定めるところによるものとします。

(情報の取扱)
第8条
1 利用者は、いかなる方法においても、本サービスを通じて提供されるいかなる情報も、利用者個人の私的閲覧使用に限り使用できるものとします。
2 利用者は、いかなる方法においても、本サービスを通じて提供されるいかなる情報も、第三者に使用させたり、公開させたりすることはできません。
3 本条に規定に違反して問題が発生した場合、利用者は自己の費用と責任において当該問題を解決するとともに、ダイコク電機およびホールに何等の迷惑または損害を与えないものとします。

(禁止行為)
第9条
  1 利用者は、本サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
 (1)ダイコク電機およびホールの提供するコンテンツの著作権、その他の権利を侵害する行為、また侵害する恐れのある行為
 (2)ダイコク電機およびホールの財産を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
 (3)ダイコク電機およびホールに不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらの恐れのある行為
 (4)公序良俗に反する行為もしくはその恐れのある行為、または公序良俗に反する情報を他の利用者もしくは第三者に提供する行為
 (5)犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはその恐れのある行為
 (6)事実に反する、またはその恐れのある情報を提供する行為
 (7)その他本サービスの運営を妨げる行為
 (8)ダイコク電機、ホールおよび本サービスの信用・名誉等を傷つける行為
 (9)コンピュータウィルス等有害なプログラムを本サービスを通じて、または本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為
 (10)その他、法令に違反する、または違反する恐れのある行為
 (11)その他、ダイコク電機が不適切と判断する行為
2 利用者は前項各号のいずれかに該当する行為により、他の利用者もしくは第三者に対して損害を与えた場合は、自己の責任と費用をもってこれを解決し、ダイコク電機およびホールに損害を与えることのないものとします。

(本サービスの提供)
第10条
1 本サービスの内容は、ダイコク電機がその時点で合理的に提供可能なものとします。
2 ダイコク電機は、1か月前までに本サービスの画面で通知することによって、本サービスの内容の一部または全部の変更、追加および廃止、価格の変更等をすることができるものとします。

(非常事態が発生した場合の利用制限)
第11条
1 ダイコク電機は、天災、事変、その他の非常事態が発生し、または発生する恐れがあるときは、「電気通信事業法」第8条で定める重要通信を確保するため利用者に事前に通知することなく、利用者に対する本サービスの提供の全部または一部を中止する措置をとることができるものとします。
2 ダイコク電機およびホールは前項に基づく本サービスの提供の中止によって生じた利用者の損害につき一切責任を負わないものとします。

(サービスの停止)
第12条
1 ダイコク電機は次に該当する場合には、ダイコク電機の判断により利用者に事前に連絡することなく、本サービスの運用の全部または一部を停止することができるものとします。
 (1)前条に定める法律上の要請の如何に拘らず、天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生する恐れがある場合
 (2)ダイコク電機およびホールのシステムの保守を定期的にもしくは緊急に行う場合
 (3)ホールが情報提供サービスを取り止めた場合
 (4)ダイコク電機およびホールが設置する電機通信設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合
 (5)法令による既成、司法命令等が適用された場合

(ダイコク電機およびホール設備の修理または復旧)
第13条
1 本サービスの利用中に利用者がダイコク電機およびホールの設備またはサービスに異常を発見したときは、利用者は利用者自身の設備等に故障がないことを確認の上、ダイコク電機に修理または復旧の請求をするものとします。
2 ダイコク電機およびホールの設備もしくはサービスに障害を生じ、またはその設備が減失したことをダイコク電機が知ったときは、ダイコク電機は速やかにその設備を修理・復旧するものとします。但し、その修理・復旧の方法と修理の開始、完了についてはダイコク電機とホールの間で決定し、利用者には本サービスの再開をもって通知することとします。

(損害賠償)
第14条
1 ダイコク電機およびホールは、本サービスの利用により発生した利用者の損害全てに対し、いかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
2 利用者は、本サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、利用者は自己の責任と費用をもってこれを解決し、ダイコク電機およびホールに損害を与えることのないものとします。利用者が本規約に反した行為、もしくは違法な行為によってダイコク電機およびホールに損害を与えた場合、ダイコク電機は当該利用者に対して相応の損害賠償の請求ができるものとします。

(免責事項)
第15条
1 ダイコク電機およびホールは、本サービスの内容、および利用者が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行わないものとします。
2 本サービスの提供、遅滞、変更、停止もしくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失もしくは消失等、またはその他本サービスに関連して発生した利用者の損害について、ダイコク電機およびホールは本規約について明示的に定める以外一切責任を負いません。
3 利用者は、ダイコク電機が本サービスのサイト(http://www.d-deltanet.com/pc/contents/html/systemrules.html)内に掲載されているセキュリティ対策、不正利用対策を必要に応じて実施すること、および当該対策が実施された場合、利用者に一時的に本サービスを利用できないリスク(ただし、これに限られない)が生じる可能性があることを承諾のうえ本サービスを利用するものとします。なお、ダイコク電機は、セキュリティ対策、不正利用対策の実施に伴って利用者に不利益・損害が発生した場合であっても、一切責任を負いません。

(本サービスの情報料等)
第16条
1 本サービスの情報料は、データロボ サイトセブン PC利用者に対して課金されます。利用者は情報料に係る消費税、およびその他賦課される全ての税金を負担するものとします。
2 本サービスの内容に定める各サービスのうち、有料サービスの情報料は月額500円(消費税抜き)とし、徴収の方法は別途ダイコク電機が定めるものに従うものとします。

(回収代行業者による回収代行等の承諾)
第17条
1 利用者は、ダイコク電機の定めた「回収代行業者」に従い、回収代行業者がダイコク電機に代わって情報料を回収することを承諾していただきます。
2 利用者は、回収代行業者の定める情報料の支払期限を過ぎても情報料を支払いいただけない場合、回収代行業者がダイコク電機に利用者の氏名・未払い情報料等を通知することを承諾していただきます。
3 利用者は、ダイコク電機が回収代行業者に情報料の回収代行を委託した場合でも、情報料に係る争いについては、利用者とダイコク電機との間で解決し、回収代行業者に対して何等の請求または苦情の申立を行わないものとします。

(割増金)
第18条
1 本サービスの情報料等を不法に免れた利用者は、その免れた額の他、その免れた額(消費税相当額を加算しない額とします)の3倍に相当する額を割増金として支払わなければならないものとします。

(延滞利息)
第19条
1 利用者が情報料その他の債務を支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、利用者は回収代行業者が定める支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数に、年14.5%の割合で計算される金額を延滞利息として、情報料その他の債務と一括して、ダイコク電機が指定した日までに指定する方法で支払うものとします。
2 前項支払に必要な振り込み手数料その他の費用は、全て当該利用者の負担とします。

(消費税)
第20条
1 利用者がダイコク電機および回収代行業者に本サービスの利用にかかる料金を支払う場合は、消費税相当額を別途加算して支払うものとします。

(準拠法)
第21条
1 本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

(管轄裁判所)
第22条
1 本サービスに関連して利用者とダイコク電機との間で問題が生じた場合には、利用者とダイコク電機で誠意をもって協議するものとします。
2 協議によっても解決しない場合、名古屋地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。本規約は2003年3月3日から実施します。

改定:2015年9月1日